Xing

白は生を貴び、黒は死を悼む

赤は虚を孕み、青は終末を告げる

世界の寿命が尽き始めた頃、神様は終わりの選択を告げた。

World

無政府都市「ヴァルテラ」。

ある時神様を自称する少年が現れ、いずれきたる世界の死を宣告した。

少年は自分が神様であることを証明するために、太陽を永久に沈め、そして明けない夜が訪れた。

常夜の街ヴァルテラで、選択のゲームが始まる。

  • Qued -クード

    ヴァルテラで暮らす17歳の少女。
    日銭を稼ぎながら将来の見えない日々を送っている。

  • Rex -レックス

    世話焼きの少年。生活がずさんなクードに苦言を呈している。

  • Viran -ヴィラン

    預言者から”パンドラ”を与えられた青年。
    クレイグと手を組んでいる。

  • Crayg -クレイグ

    影憑きと呼ばれる殺人鬼。
    ジグウェルと同時期にヴァルテラに現れた。

  • Liar -ライヤー

    ヴァルテラにやってきた旅人。
    クードを気に入り、ちょっかいをかけている。

  • Xigwell -ジグウェル

    神様を名乗る少年。
    10年前にヴァルテラに現れ、太陽を消し去った張本人。

  • "Prophet"

    "預言者"と呼ばれる存在。
    眠りについており、姿を現すことは珍しい。

  • Xid

    幼い日のクードが出会った青年。

top